トレーナーのご紹介

ようこそ、「仕事も人生も、もっと楽しくなる」NLPの世界へ。

そして、私たちのページに来て下さってありがとうございます。

輝くばかりの産声をあげてこの世に生を受けてから、人としての役割を終えるまで、すべての人に必要なものがコミュニケーション。
そして、コミュニケーションのあり方次第で、人生そのものがキラキラ彩られるか、モノトーンのようになるかが決定されると言っていいでしょう。

一人っ子として育った私は、どちらかというと人見知りで内弁慶。

飼い犬とばかりしゃべっている子供でした。

社会に出てからもさして変化はなく、話し相手は代々引き継がれた犬にベランダで咲くバラの花が加わった程度。
人間関係は「できるだけ省略したい」と考えていました。

「もともと人と話すのが苦手」という思いはやがて「人との付き合いべた」に変化し、そして、いつもこう思っていました。

「コミュニケーション下手だから犬や植物としか会話できない」と。

そんな頑なな私がNLPに出会ってから、ガラガラと音をたてるように変化していったのです。
NLPでは「すべての人にリソース(資源)がある」と考えます。

先の私は、「犬や花と話せるくらいコミュニケーション上手」と表現できるのですから、不思議です。

コミュニケーションには、自分と他者があります。
そして、とても大事なことは、自分自身とのコミュニケーション。

なぜなら自分と上手に話せ、付き合うことは人生の質を大きく変化させるからにほかなりません。

あなたがご自分を「コミュニケーションの達人」と褒め、これからの人生を輝く宝石のようにされることを心から願っています。

最後に、「星の王子様」の著者サン・テグジュペリの有名な言葉を紹介しましょう。
「物事の意味は、それ自体に内在するのではなく、物事に対する我々の姿勢の中にある」。

経歴

出典:1996年11月「日経ウーマン」

二人の子供を出産、育児のあと社会復帰。
外資系化粧品会社のゾーンマネジャーとして6年間勤務。
派遣法施行に際し人材派遣会社に転職する。

その後、派遣業界唯一の情報専門誌発行元:㈱オピニオンに転職して現在に至る。
派遣会社の営業とコーディネーター、経営者などを対象としたコミュニケーション研修講師として、ほぼ5000人以上と出会う。
また、一般企業の経営者や人事担当者などへの派遣活用コンサルティングなども行う。

言葉の持つ力や人の潜在能力に深い関心をよせ、NLP(神経言語プログラミング)の創始者リチャード・バンドらー博士に直接師事し、米国NLP(TM)協会認定トレーナーとなる。

経験に裏打ちされた具体的で実践的な講義内容、ユーモアあふれる大阪弁による語り口は聞く人をあきさせず、わかりやすく「腑に落ちる」と人気。

著書「一番やさしくNLPのことがわかる本」出版以外に、多数の雑誌へ記事執筆、NHK「暮らしと経済」への出演など、他方面にわたり活躍。

好きな言葉:「楽しいからこそコミュニケーション」「降りやまない雨はない」


メールでのお問い合わせはこちら