NLPマスタープラクティショナーコース

NLPマスタープラクティショナーコース

実践的な応用力を身につける

NLPマスタープラクティショナーコースは、基本コースのNLPプラクティショナーコースを修了し、さらに広くさらに実践的に学ぶコースです。

NLPマスタープラクティショナーコースでは、「達人」のようにNLPを人に伝えることができる目を見張るようなプレゼンテーション能力が身に付きます。

たとえば、

  • とっさの問題解決能力の飛躍的向上
  • 5感たっぷりの表現方法が身に付く
  • アナログマーキング(声のトーン、間合い)の習慣
  • メタファ(ストーリーテリングで相手を釘付けに
  • ギャラリー(観衆)を見方につける

心から自由で可能性あふれる自分と出会えた喜び、
そしてそれを周囲の人たちに伝える能力を得た喜び。
贅沢にその両方を自分のものにしていただけます。

信頼のカリキュラム

このコースは米国NLP(TM)協会が認定するもので、創始者リチャード・バンドラー博士、
米国NLP協会ジョン・ラバーユ会長から直接学んだNLPスキルをお伝えしています。

  • プラクティショナーコースの復習
  • ビリーフの変換
  • メタプログラムの特定と活用
  • リーデング(相手をよりよい状態にリードする)
  • クライテリア
  • クライテリアの特定と活用
  • クライテリアの調整
  • スライトオブマウスパターン
  • 意図的なマルチレベルのコミュニケーション
  • リアリティのスタッキング
  • タイムラインパターン
  • 前提のスタッキング
  • 時制と空間的述語
  • 交渉
  • 推進システム
  • ストラテジーのインストール
  • 閾値(いきち)パターン
  • 一般化の破壊&新しいものを築く
  • 素早い誘導、深いトランス現象
  • 深いトランスの識別
  • 自分や他者に対して変化を起こさせることをデモストレーションする
  • その他

NLPマスタープラクティショナーの資格とは

NLPマスタープラクティショナーコース卒業生

NLPマスタープラクティショナーコース卒業生

①NLP創始者であるリチャード・バンドラー博士の米国NLP協会認定証を受け取ることができます。

  • 認定基準は100%参加が必須ですので、日程の合わない場合は補講が必要です。

②ご自身の名刺やプロフィールに「米国NLP協会認定マスタープラクティショナーと表記することができます。

③ビジネスシーンではNLPのスキルを応用して、ご自身のキャリアをさらに飛躍的に伸ばすことができます。

  • また、プライベートにおいてもより自分らしく自由で、楽しいコミュニケーションで周囲を引きつける魅力度アップが実現します。

④米国NLP(TM)協会認定トレーナーコースへ進むことができます。

※NLPの認定コース開催やNLPの文字や内容の入った公開セミナーは開催できません。


メールでのお問い合わせはこちら